読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金管箱推シノススメ

一発オケ系金管箱推し奏者「海神」です。楽器のことや編曲のこと等つらつらと。

ラブライブ!サンシャイン!! 聖地巡礼 〜 内浦三津→沼津

普段の楽器絡みの話題からうって変わって、アニメの話。本日は、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地巡礼に日帰りで行ってきました。ということで、旅行記です。

 

【目次】

 

1) 「ラブライブ!サンシャイン!!」とは

本件、先達が多いので簡単に概略だけ。2016年7〜9月に放映されたテレビアニメ作品(正確にはメディアミックスプロジェクトの一部)。静岡県沼津市内浦を舞台に、地元の高校生によるアイドルグループ"Aqours"の日常・奮闘・成長を描くアイドル活劇。

www.lovelive-anime.jp

 

2) 何故行くことにしたか

プロジェクト開始当初より地域ぐるみでのコラボを推し進めてきたいわゆる「聖地巡礼アニメ」。視聴する中で、また現地へ行った友人らのツイートを見る中で、自分も行きたいと思っていたのが一つ。今回はたまたま大型連休に予定が詰まっておらず、時間とお金が日帰り旅行位ならできる状態であったことがもう一つ。

 

3) 出発 〜 静岡入り

5:00。当日の朝。夜に1件予定が入っており遅くとも20:00には帰宅している必要があった為、残された時間は半日強。軽食を摂り早速出発。6:00少し前に最寄りで京浜東北線に乗車。東海道線沼津行きに乗り継ぎ、8:00頃に三島駅に到着。ここから伊豆箱根鉄道に乗り換えて、8:30頃伊豆長岡駅で下車しました。

4) いよいよ聖地へ 〜 みとしー

さて、最初の目的地は「伊豆・三津シーパラダイス」。駅でバスを待つ間、静岡県民のソウルフードとも呼ばれる名物「のっぽパン」で腹ごしらえ。作中の人物である国木田花丸が好んで食べているずら。

f:id:sym7poseidon:20170503204420j:plain

 

バスに25分程揺られて、伊豆・三津シーパラダイスに到着です。

f:id:sym7poseidon:20170503204601j:plain


こちらの水族館はAqoursの2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」の舞台。セイウチの飼育やイルカショーで知られています。所々にあるアニメコラボの展示に胸を弾ませつつ、イルカショーを観覧。トレーナーのKおねえさんとYおねえさんによる訓練の成果は圧巻。ジャンプ力ぅ…ですかねぇ。この歳にして食い入るように観てしまう始末。
そして水族館から見る内浦の海と富士山…息を呑むほかありませんでした。シャイニー。

f:id:sym7poseidon:20170503204656j:plain

 

5) 朝の内浦 〜 長浜・長井崎方面

10:30に「みとしー」の見学を終え、その奥にある聖地へ向かうことにしました。その前に、主人公である高海千歌の実家モデル「安田屋旅館」さんを外から撮影。

作家・太宰治ゆかりの宿でもあるそうで(余談ですが、氏の本名である"津島"姓のキャラが作中にいるのは偶然でしょうか)

f:id:sym7poseidon:20170503204842j:plain

まずは、観光客の交流場所にもなっている「三の浦観光案内所」へ。中に飾られた大量のグッズが目を引きます。ここで"聖地巡礼マップ"を頂き、更に内浦の奥へと進みます。
次に寄ったのは「長浜城跡」。小田原北条氏が武田水軍との戦いに備えて築いた城の跡地。これは行き当たりばったりの単純な観光でした。

f:id:sym7poseidon:20170503205114j:plain

お城だけあってアップダウンが激しく喉が渇いたので、近くにあった「OH!MOS JAなんすん おもす農産物直売所」で名産の寿太郎みかんジュースを購入。100%みかんジュースって酸っぱいイメージがあったのですが、こちらは甘みが豊富。しかししつこくなく、柑橘の穂乃果なほのかな苦味も感じるとても美味しいジュースでした。

f:id:sym7poseidon:20170503205243j:plain


ここで心温まる一コマが。直売所にはグッズの展示がなされていたのですが、とある観光客の方がグッズのタオルを寄贈。するとJAの方が即座に『あらカワイイ!これ千歌ちゃん?』『あと梨子ちゃんと…こっち曜ちゃんよね?ありがとう〜』仰っていました。「ラブライブ!サンシャイン!!」という作品が、観光施設だけでなく地域の人々も好意的に受け入れられて根を下ろしている様子が垣間見えた瞬間でした。他アニメの幸手や大洗のように、コンテンツツーリズムのモデルケースになっていくことでしょう。
話を戻して、次はいよいよ舞台となる高校「浦の星女学院」のモデルとなった「長井崎中学校」へ。JAからなんだかんだ20分弱歩いたでしょうか。学校へ至る道は坂がかなりきつく、浦女生は毎日この坂を登っているのかと感心。実際は普通の公立校なので、写真はありませんが悪しからず。

 

6) 午後は沼津へ 〜 沼津港周辺

 さて、12:00になりそろそろお昼の時間。長浜城跡バス停からラッピングバスに乗り、沼津市街方面へ。

f:id:sym7poseidon:20170503205453j:plain

今回は時間が無いのとカエルが苦手なことから「あわしまマリンパーク」はパス。沼津駅の少し手前で下車し、沼津港方面へ歩く。


お昼の場所は迷った末に「魚河岸丸天」さんへ。こちらでは文字通り聳え立つ"海鮮かき揚げ丼(あら汁付)"を注文。中身の海老は身がプリプリ。ホタテも貝柱はふんわり、紐は噛み応え抜群。但し、それらを包む衣の油量は暴力的で、胃腸薬も健闘むなしく胃はもたれてしまいました。粗野にして美味。

f:id:sym7poseidon:20170503205701j:plain


すぐ側にある「深海水族館」にも行きたかったのですが、40分以上の待ち時間。帰りの時間を考えて、残念ながら今回は断念。そのまま駅に向かって歩きつつ、途中で「珈琲専科 欧蘭陀館」さんに立ち寄り食休みの一服。こちらは登場人物の渡辺曜の自宅所在地にあることからファンが殺到するお店。元々地元の喫茶店だった為か、小さな店内は大忙し。看板メニューの"欧蘭陀珈琲"を注文。8時間掛けて水出ししているというこのコーヒー、飲み口はさっぱりしていながら芳醇な香りとコクのある苦味。酸味は控えめで、とりわけエグみが全くない所が飲み易さを後押ししていました。自分のコーヒーの好みにはドンピシャで、今まで飲んできたコーヒーの中でトップに立つ美味しさでした。また来ます。

f:id:sym7poseidon:20170503205823j:plain

 

7) 帰りは駅前で 〜 リトルデーモン

お茶を済ませ、時刻は15:30。最後は駅前を散策しました。お目当てはアニメショップ「ヌーマーズ リトルデーモン店」こと「ゲーマーズ沼津店」。f:id:sym7poseidon:20170503205959j:plain

登場人物の津島善子ヨハネが看板キャラを務める同店。静岡らしくのっぽパンとのコラボグッズのクリアファイルとストラップがあったのでつい購入。自分用に良いお土産が買えました。

 

8) 帰宅と総括

そして、沼津駅へ。

f:id:sym7poseidon:20170503210246j:plain

16:38発の東海道線に乗り2時間掛けて帰宅。今回、初めての沼津ということで事前に色々下調べをしてから行った為、交通機関に関してトラブルはありませんでした。実際に行ってみて、内浦の空気感やアニメ効果での盛り上がりを肌で感じることができ、非常に心踊る1日となりました。


また余裕ができたら是非訪れたい場所ですね。次は「あわしまマリンパーク」「深海水族館」「沼津バーガー」辺りを攻めていきたい。東海道線のお陰で首都圏から意外と行き易い沼津。アニメを知っている方は勿論、そうでない方も、如何でしょうか。